このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

†三世界大戦†

小説 ファンタジー

†三世界大戦†シリーズ

†三世界大戦†

ユメノ

(4)

「契約は成立した」 ――もう、戻れない。《修正しながら執筆中》

休載中

385ページ

更新:2014/01/20

説明

天界・人間界・魔界で構成されている世界『エフィアル』。

平和な世界に突如起きた魔界戦争。

終わらない戦争は徐々に大きくなっていく……



[New]応援特典始めました!

人気投票実施中→[リンク]
投票してくださると嬉しいです!

執筆開始…2010.6.14

表紙デザイン:匿名希望

[リンク]にてキャラデザ等公開中。

《お知らせ》
・[5/21]スター1000突破!
・[11/11]P286の種族を変更、作品説明を修正
・[12/10]第零話を大幅に修正

《修正状況》
・~国→~公国、~王国などに変更(約30%完了)
・漢数字を数字に修正(約10%完了)
・‘~た。’の部分を減らすよう修正(約50%完了)

この作品のタグ

作品レビュー

涼水 爽毅
涼水 爽毅さん
【作品】†三世界大戦†シリーズについてのレビュー

ネタバレ

まず、話の設定はしっかりしていますね。いきあたりばったりではなく、プロットがあることが文章からわかります。
気になったのは、登場人物の感情が単純すぎるのでは?最初の方の雷を使う死神の隊長。攻撃を防がれたからといってあれだけ激昂するのは何故なのでしょうか?あとは描写が足りないと思わせるところがいくつかありました。マリアがはじめの方で脱走するとき、兵士を脅していましたが女性相手に怯える兵士のなんと無能なことか……。ゲノム兵かと思いましたよ(笑)あれが、描写の付け足しで人間界で一国を滅ぼした力を持っている女性だと兵士が知っているとの情報を加えれば納得がいく描写になると思います。
それとイフの回想シーン。イフは最高権力者なんですよね。そんな人が部下の前で弱さを見せていいものでしょうか?折角考えたイフの設定をお披露目したい気持ちもわかりますが、イフの立場をもう一度考えてみてはいかがでしょう?リーダーは頼りないと思われたが最後です。
後は文章の構成に緩急が感じられないことですかね。落ち着かせるところは落ち着かせ、盛り上げるところはとことん盛り上げるといった緩急です。なんというか、全ての文章が同じ距離感から書かれているような気がして。もっと、クローズアップしたりフェードアウトしたりするといいかもしれません。
あとはバアルさんの初登場シーンで、最初は偉そうな口ぶりなのに「セスさんとマリアさん……か。よろしくお願いします」と敬語になっているのは気になりました。あと「危険な任務だが、気を引き締めて行うように」危険な任務「だから」じゃないですか?逆接の使いどころではないかと。
94頁ふきんのリーズの言動「がっかりした」に違和感を感じました。人間界でリーズは殺されかけましたよね。それも圧倒的な力で。それに太刀打ちできると思ったのでしょうか?どちらかというと「ほっとしたわ。いまのうちに、ここで始末してしまいましょう」のほうが敵としては妥当かと。
あとは話が唐突に始まるのにはちょっと振り回されます。ルシフェルがいきなり現れて、いきなり昔話を始めた時は、正直なんだかな~って思いました。
引き続き頑張ってください。

もっと見る

2013/02/16 18:13
コメント(1)

ユメノさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

サポーター特典

スターを投げるとサポーターポイントを獲得できます。

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません