このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

空っぽの神器

小説 ファンタジー

空っぽの神器

酔っさん

空っぽだった彼は仲間を得て何を知るか

休載中

232ページ

更新:2014/03/14

説明

魔術が浸透する世界

その世界は3つの大国

クレイオス王国

ロースタン共和国

ヴァンギラート帝国

を中心に成り立っている

そんな中ヴァンギラート帝国最強の独立暗殺部隊《黒蛇》の0番隊副隊長でありまたの名を《ガランドウ》と戦場で恐れられる青年

空(カラ)

歩く兵器として生きてきた彼はとある戦場で《蒼雀》と呼ばれる最高位魔術師 大園 純香(オオゾノスミカ)に殺されかける

しかし死ぬ直前、純香の気紛れによって生かされた空はそのまま世界最高峰の魔術学園ストレヴィア学園に入学させられ…

仲間とは何か?

神器の真の意味とは何か?

止まっていた業の歯車が今、動き出す…



表紙は絵師様である青將-HALUTO-様[リンク]に描いてもらいました

この作品は作者のファンタジーを書きたいという自己満足を発散させる為に書かれる物です

ばっちり厨二病入ってます

疑問や誤字脱字は伝言板にお願いします<(_ _;)>

※更新は不定期です
※随時加筆編集しています

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント