このページのリンクアドレス

エブリスタ
祈りの遥か

小説 SF

暁の遥か‐遥かシリーズ‐

祈りの遥か

ぼろどうふ

(1)

その祈り、人々に届くのか

完結

37ページ

更新:2011/09/03

説明

地球が汚染された時代。
人々は仮設居住装置、コロニーに住むことになった。

しかし時代が流れると、コロニーは劣化する。
そこで政府は旧コロニー廃棄案を提案した。

これにより劣化したコロニーは棄てられた。

これは一人の少女と、廃棄されたコロニーの奇妙な話。

そんな彼女の一つの記憶を書き記す短編作品。


そんなページの切れ端。

前々編:荒野の遥か[リンク]

前編:追憶の遥か[リンク]

この作品のタグ

作品レビュー

ぼろどうふさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません