このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

我が家の三姉妹

小説 恋愛 ラブコメ

我が家の三姉妹

パラス

捨てられた自分を拾ってくれたのは三姉妹のいる家だった。

休載中

55ページ

更新:2012/01/13

説明

雨の日だった…

大きな橋の下で捨て犬のように段ボールに入れられて捨てられた俺

名前は優太(ユウタ)
そんな俺を拾ってくれた家族がいた。
日ノ宮(ヒノミヤ)家

本当の両親のように育ててくれた。
だから俺は生きれたんだ。

さらにその家には三人の女兄弟がいた。

日ノ宮家長女 舞月(ムツキ)
「優太。お姉さんが優しく教えてあげるね。」

日ノ宮家次女 彩月(サツキ)
「べ…別に嬉しくなんかないんだからね!」

日ノ宮家三女 葉月(ハツキ)
「ゆた兄!だ~~い好き!!!」

そして俺 優太
「………最初のシリアスはなんだったんすか?」

そんな三姉妹と愉快な仲間達がおおくりするドタバタラブコメディーであります。




またラブコメに挑戦します!
今度は諦めず頑張って書きます!!
なので応援よろしくお願いしますm(__)m

誤字、脱字があれば伝言板にお願いします。

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

パラスさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません