このページのリンクアドレス

エブリスタ
神の種

小説 ファンタジー

神の種

ヒサ

開かない右手を持っていた少女の話。

完結

447ページ

更新:2017/11/25

コメント:閲覧・スターありがとうございます(^^)H.29.8/6.500スター達成 修正終了。誤字脱字があればご一報ください。

説明

魔法を普通に使える世界、アルカティア。

統一国家・エルカーズの中にある大貴族・パラセンダル家に生まれつき右手を開く事の出来ない女の子が生まれた。

右手が開かない事と魔力の少なさから少女は落ちこぼれと言われ、家を追い出された──

それから月日が立ち、15歳になった少女はギルド・闇夜の月光に所属する世界でも数少ないZランクとなり、氷雪の舞姫と呼ばれるようになる。

そんな彼女にある日与えられた指令は魔法学園に通う事だった──



2011年3月執筆開始
2017年4月27日完結

カテゴリランキング最高88位
完結してから一気にランキングが上がり過ぎて作者が混乱中←

不定期鈍亀更新となりますm(_ _)m

※三人称視点や一人称視点がごちゃ混ぜになってます。

この作品のタグ

作品レビュー

ヒサさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

サポーター特典

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません