このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

銀色の少女と誠の彼等

小説 歴史・時代

銀色の少女と誠の彼等

夜神 零

零「邪魔をしないでね?殺すわけにはいかないから」

休載中

9ページ

更新:2011/11/07

説明

第三次世界大戦が起きてから20年…
現在でもその火は納まらず
各国はお互いに牙を向け
敵国を消し去ることを目的とし
戦争が続いていた…


日本は高い技術能力を
世界各国が我が物にしようと狙われ
日本人による情報売買が
問題となっていた。

そこで日本政府が5年前に作り出したのは
国家や極秘の情報の漏洩防止及び
非国民を暗殺するための部隊
『政府特別隠密戦闘部隊』
を作り出し、今では各国が危険視するほどの大きな組織になった。

その『政府特別隠密戦闘部隊』
の大幹部の位をもつ歳17の少女がいた。



名前は

        夜神 零
        ヤガミ レイ



そんな少女は上司の一言から、幕末へタイムスリップすることになる…






■■■■■■■■■
?l中傷お断り
??アドバイス大歓迎

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

夜神 零さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません