このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

仮初めの夢

小説 歴史・時代

仮初めの夢

磐咲春霞

夜香木の匂いがした―。 其の瞬間、女は男に憧れた。大正浪漫ミステリ。

休載中

52ページ

更新:2008/05/28

説明

 或る日、男の前に忽然と現れた簪(かんざし)。
 
 其の日を境に、男の周囲に奇妙な現象が訪れるようになる。
 
“凡ての元凶は簪にあり”と男は友人と共に簪の出処を調べ始める。
 
 夢とも現とも判別出来ぬ妖しい事件。
 
 掴み掛けた糸口を見失った時、或る一人の男が出現した。
 
「貴方は一体――」
 
 
遠くない古に存在した儚い男女の物語。


*予告なく加筆・訂正を行う場合があります。

*古い言葉や小難しい漢字を多用しています。ふりがなを括弧書きしていますが、読むのが面倒な方や、理解できない言葉について、気軽にメールしていただければ幸いです。今後の参考にさせていただきます。

*アドバイスと中傷は違います。ご注意ください。

*作者の都合により、非公開となる場合があります。

*登場する人物、団体、企業は実在のものとは一切関係ありません。
 
since;7.2007
 
大正 浪漫 恋愛 ミステリ 占い師 易者 簪 着物 和風 レトロ 国語 漢字 細工

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

磐咲春霞さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません