このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

道化は幻想に降り立ちやがて

小説

道化は幻想に降り立ちやがて

鐘男

真理に触れる。

休載中

100ページ

更新:2013/03/06

説明

 

 
 「咎人の肉はうまいというぞ。」

 好奇を抱いたとある妖怪は、外から人間を一匹拐ってきました。
 ところがその人間、大妖怪ですら手を焼く程の厄介者だったのです。

 男は言いました。

 「きみたち妖怪は、己が如何にして生まれたのか。知っているかい。」



2012 1/29 執筆開始

幻想入り 秘封倶楽部

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません