このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

bloody princess

小説 ファンタジー

bloody princess

bloody princess

ルイージオタ

(2)

少年はある古城でかわいく綺麗、だが血に染まった半吸血鬼少女に出会う

休載中

229ページ

更新:2016/10/17

説明

ある古城で出会ったのは一人の女の子。


顔は白くとてもかわいい。そしてか細く、か弱い女の子。


華やかなドレスをあしらい、まるでお姫様の様。


しかし、ドレスは血に染まっている。


手はかなり伸びた爪があり、血が滴っている。


背中にはボロボロの宝石のような黒い翼、目は赤く、犬歯は異常に長い。口からも血が垂れている。


そう彼女は人間ではなかった。吸血鬼だった。


彼女はこう答えた。


「わたしは半純血の姫だ」


彼女に出会ったことで世界の裏にあった真実を知ることになる。



非日常と生活感がありすぎる日常を織り混ざたストーリー。話の中盤には学校で習う『数学』も取り入れます



素人ですのでおかしいところなどはかなりあると思います。ですのでどうか様々なアドバイスなどをくれると幸いです。

この作品のタグ

作品レビュー

ルイージオタさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント