このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

背中ニ翼

小説 青春

背中ニ翼

黒井ゆう

走る時の君はまるで背中に羽、いや翼が生えてるみたいだね。

休載中

8ページ

更新:2013/06/20

説明

「足はまるでバネのように軽やかに。

カラダはまるで風みたいに。

背中はまるで翼のように……。

走る時、君は全部味方につけているよね」

"走る。"

それは俺にとって当然で……、

出会うべきして出会ったような、

そんな存在だ。

勝ち負けとか正直どうでもいい。

走れるだけで俺は幸せ。

空は青く澄んでいて、俺はきっと空だけを見て走っている。

誰にも邪魔はされない。

一人だけの空間。

それが俺にとって"走る"ことなんだ。



※ほのぼのストーリーです。
恋愛要素は多分入ります。
"多分"大切ですよぉ。
この物語はフィクションです。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

黒井ゆうさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません