このページのリンクアドレス

エブリスタ
大魔法の陰謀『殲滅』

小説 ライトノベル

大魔法の黄昏

大魔法の陰謀『殲滅』

ミーミ

『ちょっとだけ、エロティック・ドタバタ・ファンタジー☆――想像力は無限なのだ!』

完結

61ページ

更新:2013/10/22

説明

『ちょっとだけ、エロティック・ドタバタ・ファンタジー☆ ――想像力は無限なのだ!』

《ミーミ遂に、本格ライトノベルに挑戦!》

 ――この作品により、新しき、魔法の概念が生まれるであろう…………。

『ミーミ黙示録』より。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

レビュー感想でシリーズを連載するか決めたいので、是非、コメントや評価をよろしくお願いします☆
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 考古学を学ぶため、大学へ入学した、天草隼人<アマクサ・ハヤト>。

 彼は考古学界で有名な父を持つ、魅力的な女性教授、冴木亜美<サエキ・アミ>の元で勉学に励んでいた。

 ――しかし、魔女について調べていた教授の父から、ヨーロッパで、未発見の古代遺跡を発見したと便りが送られて来る。

 隼人は同行してと、唐突に教授から指名をされ、念願の遺跡調査へと向かう事となる。そして、二人はヨーロッパに存在する辺境の村へと向かったのだが――――。



※これはフィクションです。登場する人物、地域、団体、等には一切関係ありません。

・2013年10月1日執筆開始。
・2013年10月21日執筆終了。

物足りない方は他の作品へどうぞ(笑)

★★★★★★★★★★★

☆超絶バトルファンタジー『紅蓮の星屑[リンク]』


☆ミステリーホラー『存在しない世界[リンク]』

★★★★★★★★★★★

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

ミーミさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント