このページのリンクアドレス

エブリスタ
嘲宮論理と嘘言憑きの夏

小説 ライトノベル

嘲宮論理と嘘言憑きの夏

柾木秋月

虚言めいた其の言葉には、パラドクスめいた自虐が在った。

完結

242ページ

更新:2015/02/01

説明

嘲宮論理について知っていること。


彼女が同期生だということ。


彼女にはどうやら友達がいないということ。


彼女には嘲宮倫理という双子の妹がいるらしいということ。


そして、……どうやら自分は彼女に気に入られているらしいということ。























宣伝活動面倒です。

あと自分で何書いてんだかよく分からないんで、タグも適当にいじっていいですよ。寧ろお願いしたいくらい。

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

柾木秋月さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント