このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

自給自足の異世界ライフ

小説 ファンタジー

自給自足の異世界ライフ

自給自足の異世界ライフ

片岡

生活能力皆無な男子高校生が異世界で自給自足できるようになるまで

休載中

74ページ

更新:2016/09/26

説明

 野菜嫌いでちょっとオツムの足りない男子高校生が異世界にトリップ!


「此処は何処だ? 俺、ご近所は網羅してたはずなんだけどな」


 まず此処は君の見知った世界じゃありません。
 生活能力皆無の男子高校生が自給自足で生きられるほどの逞しさを身に付けさせてもらうまでの話。


「俺が好きな野菜は揚げた芋だけだ! トマト!? はあ!? あんなの食べ物じゃない! なに言ってるんだ、じーさん!」



◆◇


 誤字、脱字、誤用、レイアウトなどのご意見大歓迎。文章力向上のため、ぜひ皆様のご意見をお聞かせくださいませ。

 タグは読者の皆様にも編集が可能となっております。独自のセンスでお好きにいじってください。


十一月十九日 文頭が「」で始まる場合はスペースは不要との御指摘をいただいたのですが、なんとなくすっきりしない感じがしたので今まで通りスペース有で書くことにしました。読みづらいとのお声がありましたらすぐに手直しいたします。

十一月二十日 拙いものですが挿し絵らしきものをいれてみました。

この作品のタグ

作品レビュー

五水井ラグ
五水井ラグさん
【作品】自給自足の異世界ライフについてのレビュー

ネタバレ

更新部分(51ページ)まで読ませて頂きました! せっかくなのでレビューさせて下さい。


とにかくじーさんのキャラがとってもよかったです(*≧∀≦*) ツンデレで、すぐ殴ってきて、でも優しい。野菜を褒めると嬉しそうに笑ったり目線をそらしたりするのがほんっとに可愛いですね。読者まで嬉しくなります。


二人のボケツッコミはテンポがいいし、地の文も面白い言い回しがあって楽しみました。章の最後の文をすぱっと切る感じ、いいですね。全体的に丁寧な印象も受けました。


以下、気になったところ。
まず形式的な問題ですが、「かぎ括弧」は段落の始めでも1マス開けません。
 「台詞」×
「台詞」○


それから、もう少しだけ読者の気持ちになって客観的に作品を見てみてほしい、と思いました。描写も説明も丁寧である分、惜しい感じがしました。


例えば主人公が異世界に来たことに気づく場面です。読者は主人公が本の文字を読めないところですでに異世界に来たことを確信しています。つまりその前から「もしかしたら異世界かも」と予想してます。小説の説明をあらかじめ読んだ人には、最初から分かっていた事実です。


主人公がそうと気づくまでが長く、「ここは異世界だった!」と見せ場になるはずのシーンが盛り上がりません。もしも「主人公はそうと気づいてたが認めたくなくて現実逃避していた」というのであれば、書き方にもうひと工夫が必要かと思います。


『これを書いたら読者はここまで予想するだろう』


と予想しながら書くとさらに面白くなるのではないでしょうか。伝えたい内容全てを文字にせず、勘づかせる書き方もありです。ぜひ試してみて下さい!


色々と書きましたがとても面白かったです。偉そうに書いちゃって申し訳ないです。これからも楽しみにしてます。

もっと見る

2014/11/05 19:02
コメント(3)

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント