このページのリンクアドレス

エブリスタ
ネゴトシエーター

小説 ホラー・オカルト

ネゴトシエーター

ネゴトシエーター

夏也園子

(1)

夢は死へと誘うもの。

完結

441ページ

更新:2014/10/30

説明

寝屋川結人(ねやがわ ゆいと)は、お調子者で好奇心旺盛な高校2年生だが、少し変わった力を持っている。

眠っている他人の夢を覗くことができるのだ。

結人はある日の授業中、居眠りをしているクラスメイトの牧岡絵瑠(まきおか える)の夢を覗き見た。

複数の男に追われ、穴に落ちる夢だ。

牧岡は夢を見たあと、そのまま昏睡状態に陥ってしまった。


牧岡を皮切りに、クラスメイトが次々と倒れていく。

倒れたクラスメイトたちはみんな、似たような夢を見ていた。


これは偶然?

それとも事件?


結人は、自分の秘密を知る住吉旺志郎(すみよし おうしろう)とともに、事件の真相を暴こうと動き出す。

この作品のタグ

作品レビュー

子猫@R
子猫@Rさん
【作品】ネゴトシエーターについてのレビュー

ネタバレ

超能力は人を狂わす…漫画の英雄(ヒーロー)のように人を助けるのになるか人を死に追いやる悪役(ヴィラン)になるか。

希は超能力を持っていたが為にまわりに理解されず苦しんでますが、その力を使って楽しんだ時点で瞳じゃなくても誰かの手によって希を死に誘ったのかもしれません。瞳が死に追いやる命令でなく「みんなを昏睡状態から目覚めるよう術を解きなさい!さもなくは恐ろしい命令を下す!」と恐ろしい命令…運営側絶句するような黒歴史トラウマを植え付けるような“悪夢”を与えるべきだったな…

あとがきで瞳が必殺●●人になるのかも的な話がありましたが、もしかしたら瞳は超能力を自分の意思で封印するかもしれない気がします。いざ襲われた時使うかもしれないですが、もし人を死に追いやるような事をしたら希と同類になってしまうと苦しむからだと思います。

惜しい点が主人公の結人の活躍が少なかったですね。もうちょっと奮闘して欲しかったです。

JUNON学園ホラーと言うことでイケメンがメインとなりましたが、もしかしたら大賞は映像化検討の話があったら…


書籍化された「フェチ・クラス」をクロかタキ目線でリメイクしてよかったかもしれませんね←


「フェチ・クラス」仮に映画化かドラマ化(深夜枠になるかも)したらJUNON出身俳優で配役されたりして(あくまで想像…)。

もっと見る

2014/11/02 20:08
コメント(3)

夏也園子さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント