このページのリンクアドレス

エブリスタ
すっとこどっ恋

小説 恋愛

どす恋

すっとこどっ恋

トミー

(17)

「モズクよりもお前が食べたい」こそっと耳打ちしてくるのは、私の恋人。

完結

867ページ

更新:2015/12/31

コメント:本文よりもペコメがおススメ☆ヤバイよ☆

説明

『どす恋』[リンク]の続編です。


新藤美由紀30歳 彼氏いない歴=年齢の更新に終止符を打った彼女のちょっと笑える恋愛模様。


新藤さんに頼めば恋が実るらしい。
そんな噂が流れ出した会社内で、平穏無事に生きていられるのでしょうか!?


素敵で和める表紙絵は、はるたかさん[リンク]よりいただきました!!!!

この作品のタグ

作品レビュー

石川キララ
石川キララさん
【作品】どす恋についてのレビュー

ネタバレ

大事な大事な可愛い蕾に

僕は

笑いという名の愛を振り撒き

お日様には負けない笑顔を燦々と照らして見せた

光合成みたいだって君は笑うけどさ


だって

大好きな君の笑顔が見たいから

君の笑顔が分厚い雲で覆われるなんて嫌なんだ

君が笑うなら、僕は幾らでもバカになる

君が笑うなら、僕は幾らでも変態になる


あっ
でも……ちょっと違うな、それ……

僕が笑うのは、純粋に君がいると楽しいから

僕が変態になるのは、純粋に君が可愛いから

これが本当だ。君がいるから僕は笑うし変態にもなる


そんな純粋に可愛い君を置いて、僕は大阪に行く

色々な想いを抱えながらも、

必死に耐えてくれたんだと思う

もっと素直に胸の内を曝け出せばいいのに

必死になって抑えようとするんだ

いいんだよ?もっと言っても。もっと甘えても。

堰き止めていた涙の壁が決壊すると、

君の頬を流れる雫達

……ごめんね。泣かせてしまっているのに、

僕を想って流れる雫達でさえも、可愛く見えてしまうんだ


大阪から帰ってきたら、鳴いてもいいよ

温かな布団の中で、僕の腕の中で、

君の可愛い鳴き声を想像する僕

だから、それまで一人で泣かないで?

決して一人で寂しい夜を過ごさないで?

約束だよ



「みゅー」

愛しい名前を呼ぶ。愛しい君を思い浮かべてみる

脳裏に浮かぶ大輪の花のような笑顔

咲き誇る泣き笑いの笑顔

そして僕のクララも立ち上がる

待ってろ!大阪!待ってろ!合体!!

頑張るパワーを持てる僕は、本当に幸せだ



*トミーファンの皆様へ*
成り切り「僕」ごめんなさい。
不快に思われても石だけは投げないで下さい(ノω・、)
師匠に熱い想いを届けたかったのです。



もっと見る

2015/01/12 09:10
コメント(2)

トミーさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

サポーター特典

スターを投げるとサポーターポイントを獲得できます。

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません