このページのリンクアドレス

エブリスタ
君と花を愛でながら【再公開】

小説 恋愛

君と花を愛でながら

君と花を愛でながら【再公開】

砂原雑音

(5)

消えない想いを胸に閉じ込め、私はそっと春を待つ

完結

372ページ

更新:2017/08/05

説明

※雑音作品一覧[リンク]※
-------------------------
※続編はコチラ[リンク]

受験の失敗で自分に自信が持てず、閉じこもりがちだった綾。

そんな綾が再び外の世界に目を向けたのは
通りすがりに一目ぼれした花屋カフェがきっかけだった。


臆病だけど本来は明るい性格の綾が
人と触れ合い、関わって成長していく。


再び歩きはじめるために
必要なものは何でしょう




アルバイト店員
三森 綾 19歳


元は大手商社のエリートだったらしい
オーナー兼マスター
一瀬 陵 30歳

無表情で一見冷ややかなその人
時折見せる優しさに
綾は少しずつひかれていく


パティシエ
片山信也25歳

チャラい外見と言葉遣いで不真面目に見られがちだが
実は案外気遣い屋

失恋したばかりの綾に
わかりやすい程真っ直ぐな愛情表現を示してくれる





☆表紙絵☆[リンク]
☆素敵絵師様:東雲旭様[リンク]にお願いして描いていただきました☆

この作品のタグ

作品レビュー

砂原雑音さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント