このページのリンクアドレス

エブリスタ
ソムニア―宇宙最低の旅―

小説 SF

ソムニア

ソムニア―宇宙最低の旅―

湯島 黒糖

トゲのある宇宙活劇“スペース・パンク”

完結

257ページ

更新:2016/01/28

説明

続き→[[リンク]]NEW!

最高のバディ特集に選ばれてました。
→[https://estar.jp/.pc/_listing_view?li=50]

SF最高2位。

――・――・――・――


「元・超一流の殺し屋じゃじゃ馬女」と「記憶がないまま追われる全身入れ墨万能少年」

性格真逆の二人が、ロマンの為に手を取り合ったり振り払ったり。

ワケアリコンビが織りなすミステリー&コメディー!

~~あらすじ~~

冷凍状態でギャングに保持されていた少年・ヒリュー・サカモトは、

偶然、宇宙を放浪していた殺し屋女・ソナーに拾われる。

解凍されたヒリューは名前以外の記憶がなく、翻訳機で訳せない言語を話した。

宇宙船から降りたヒリューに人さらいの手が襲い掛かるが、思い当たる節が無く困惑する。


「考古学的に価値がある」という謎の言葉を受け、


ヒリューは自分の正体を知るべく、ヒマだった凄腕ガンマンのソナーの助けを借り宇宙へ足を踏み出した。


※1~4話はややスローテンポ、それ以降から一気に終盤までアップテンポに展開されます。

――・――・――・――

somnia(ソムニア):夢(複)

――・――・――・――

【コメント・レビュー歓迎です!】
※18歳未満の方には仕様上返信できなくてごめんなさい……。

この作品のタグ

作品レビュー

湯島 黒糖さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント