このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

ペン蔵一家

小説 SF

ペン蔵一家

ゆうらく

サイエンス・フィクションと環境問題、そして家族愛。

休載中

39ページ

更新:2016/10/24

説明

科学技術が発展した近未来の地球。

その中で、ヒッグス粒子を研究する神谷研究所があった。
神谷博はヒッグス粒子を利用した空間超越移動装置(STM)開発に励んでいる。
本作の主人公である神谷乃咲は博の一人娘であり、父の研究所で助手をしている頭脳明晰で男勝りな女子高生。

身の回りで起こる事件を掻い潜っている内に、STM装置が完成し試験開始。しかし、ぬいぐるみのペン蔵と一緒に乃咲も別の空間へ飛ばされてしまう。
飛ばされた空間の先には信じられない世界が広がっていた。


〇神谷乃咲(かみやのえ)
 主人公。呼び名はノエミィ。
 独自にメモリチップを開発している。

〇神谷博(かみやひろし)
 乃咲の父。神谷研究所の科学者にしてSTM開発者。

〇神谷眞子 (かみやまこ) 故人
 乃咲の母。〝病気〟でこの世を去った。

〇星野暁美 (ほしのあけみ)
 主人公の女友達。変態チックなところがあるが、信頼できる存在。
 母に雰囲気が似ている。

〇神崎先生(かんざき)
 物理の女性教師。神谷博の大ファンで、追っかけをしている。
 元裏社会を生きる喧嘩強い女性だったが、神谷博に憧れ物理を学び教師となる。

〇サリアス・ローゼンクロイツ
 ローゼンクロイツ家17代当主の娘。主人公と同い年。
 お父様のためなら善悪問わず何でもする冷酷な一面もある。

〇アドリアン・ローゼンクロイツ
 ローゼンクロイツ家17代当主。サリアスの父。

〇黒豹(くろひょう)
 元国防軍特殊部隊。ローゼンクロイツ家の思惑により内部分裂を起こされた。
 現在は、革命的な黒き速き軍隊・黒豹となっている。
 黒豹独自の判断で動くことはないが、上の命令によって善悪関係なく動く。

〇ローゼンクロイツ家
 歴代的に他人の技術を盗み、自身の物にし儲けを所業としている一家。



惑星シンドローラおよびデトックスの住民
〇辻岡直人(つじおかなおと)
 佑樹の親友。

〇笹草佑樹(ささぐさゆうき) 故人
 直人の親友。
 家庭的な青年だったが、毒ガス工場の爆発事故でこの世を去った。

〇大元文久(おおもとふみひさ)
 メトロポリスの科学者。
 資源「メポス」の私有化を目論んでいる。

〇ペン蔵(ぺんぞう)
 ペンギンの姿をした科学者。文久とは親友だった。

〇ぬいぐるみのペン蔵
 乃咲が可愛がっているペンギンのぬいぐるみ。
 クチバシの中にメモリチップが隠されている。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

ゆうらくさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません