このページのリンクアドレス

エブリスタ
優しき者より、護るべき者たちへ

小説 ファンタジー

優しき者より、護るべき者たちへ

八神一久

難しく考えずあるがままに生きようという教訓『人生なんて楽しんだ者勝ち』

完結

17ページ

更新:2016/10/23

説明


“自分に優しく”出来てますか?

“他人に優しく”出来てますか?

“誰かの為に”生きられますか?

“自分の為に”生きてますか?

“間違わずに”生きられますか?

“正しく誠実に”生きられますか?




そんなに難しく考えなくてもいいんだ。
利己的な人間も利他的な人間も世の中には少ない。
愚かな人間達が闊歩するこの世で立派な人間がそこにいると排されてしまう。


だから、楽に生きよう。
難しく考えなくていい。
強く有り続けなくていい。
目の前の問題を一つずつ丁寧に片付けていこう。
一人で出来ないことも周囲に助けを求めればどうにかなる。
いろんな人に声をかけよう。
自分の想いをちゃんと整理して誰かに伝えよう。
全員が見捨てるような世の中ではないはずだよ。
君は孤独(ひとり)じゃない。
どこかにきっと仲間がいる。
生きているだけでいいんだ。
生き続けるだけで人生なんて何度でも変わることができる。
そこに意味や意義を見出すと簡単に死んじゃうよ?


これは僕がこんな結論に至るまでの始まりのおはなし。


ホンの少しだけ、お付き合い頂きたい。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

八神一久さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません