このページのリンクアドレス

エブリスタ
『メガネ』はどこへ?

小説 ミステリー・推理

波島高校ミステリー研究部

『メガネ』はどこへ?

玻璃斗

ドジなメガネっ子と毒舌メガネフェチの推理コメディ

完結

36ページ

更新:2017/10/24

説明

「屋久島くん! 事件よ!」

そう俺『屋久島 隆太郎』に叫んだのは波島ミステリー研究部部長の『三奈上 暁子』センパイだ。
普通であれば彼女が言っている『事件』とは何か気になるところだろう。

しかし俺はそれより気になるところがあった。

それは俺が愛してやまないメガネを三奈上センパイはかけていないのだ。

メガネをかけていない三奈上センパイなんて鑑賞しても意味がない。

大切なことなので二回言おう。

意味がないのだ!

こうして俺は仕方なくポンコツ……三奈上センパイのためどこでメガネをなくしたのか推理することになり……

ライトミステリーコメディ。短編です。

※この作品はフィクションです。実在の人物・団体・事件などには一切関係ありません。

※絵は自作。シャーペン絵です。

※ミスがあったので再投稿しました。すみません。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

玻璃斗さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント