このページのリンクアドレス

エブリスタ
ミセス巴御前と隠された1ピース

小説 ミステリー

ミセス巴御前と隠された1ピース

米原湖子

僕と彼女の日常ライトミステリー。ミセス巴御前、君こそ謎だ! 君は何者?

完結

245ページ

更新:2018/02/08

コメント:たくさんのスター、ありがとうございます。ちょこちょこルビ打ち等修正中。

説明

【日常ライトミステリー】+【恋】
 ※プロローグと第一章に人物相関図あり

─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘
五年前、叔父(38歳)が見知らぬ女(18歳)と結婚し、その二日後、亡くなった。

何故、叔父は結婚したのか?
何故、叔父は亡くなったのか?

真相を探るため、僕(高良亮介:21歳)は大学入学と同時に、本来、僕が継ぐ筈だったカフェ&レストラン『フクロウ』にアルバイトと称し潜入した。

だが、そこで僕を待っていたのは……更なる『日常の謎』たちだった。

何でこうなる!
そして、それを解いてしまうのは……何故かこの女(桃山朋絵:23歳)だ。
そう、叔父と結婚したあの見知らぬ女だ。

この女、一体何なんだ! この女こそ『謎』だ。

『最強のパワー(最強の英知)で勝利する(謎を解く)姿』
『今時美女ながら中身は古風な苔女』

まるで現代版巴御前。
だから、僕は彼女のことをこう呼ぶ『ミセス巴御前』と。

─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘


2017.06.24 完結(加筆修正開始)
2017.05.11 新作セレクション[5/11]に掲載頂きました
2017.04.01 開始

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

米原湖子さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント