このページのリンクアドレス

エブリスタ
時計の針

小説 恋愛 純愛

時計の針

歪鼻

ーーカッコイイからだと思っていた。そのはずだった。

完結

40ページ

更新:2017/08/30

説明

ーーカッコイイからだと思っていた。
そのはずだった。


いたずらにズレた歯車は、
まだ幼い二人の時間を
少しずつ狂わせていった。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

歪鼻さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント