このページのリンクアドレス

エブリスタ
歴史改変戦記Ⅱ 西欧が攻めてくるなり

小説 歴史・時代

歴史改変戦記

歴史改変戦記Ⅱ 西欧が攻めてくるなり

高木一優

作品準備中

完結

222ページ

更新:2017/12/01

説明

 十七世紀の海に波頭をたてて迫りくる西欧艦隊。
 中華帝国の危機に、迎え撃つは、関が原世代の戦国武将たち。
 紺碧の海を血の色に染めて、水軍が砲火を交える。
 だがそれは、現代において西欧諸国が仕掛けた陰謀だった。
 東アジアに忍び寄る黒い影は、碧海作戦をあざ笑う。
 歴史の水面下で、現代国家の駆け引きが始まった。
 伊達政宗が駆け、真田信繁が叫び、戸部典子が笑う。
 舞台を海に移しての歴史改変戦記Ⅱ、「西欧が攻めてくるなり」

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

高木一優さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません