このページのリンクアドレス

エブリスタ
「ウナギが滅びそうなら、ウサギを食べればいいじゃない」と言ったら、数年後に大学が肉食女子の楽園と化した話

小説

「ウナギが滅びそうなら、ウサギを食べればいいじゃない」と言ったら、数年後に大学が肉食女子の楽園と化した話

トファナ水

とある大学生が外国人講師といちゃラブしつつ、ウサギ食復興に励む学園ラブコメ

完結

30ページ

更新:2017/11/21

コメント:ウナギとウサギ。共に日本の伝統食なのに。何故、後者は廃れてしまったのか?

説明

 主人公は、一年前に家族を亡くして天涯孤独の大学生。土用の丑の日、大学の外国人女性講師から食事に誘われたのだが、何故か連れて行かれたのはウナギではなくウサギ料理だった。外国人にありがちな勘違いだったのだが、主人公はここから、新たなビジネスを発案する……
 アイデア珍商売ネタの学園ラブコメです。
※「小説家になろう」「カクヨム」に併載しています。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

トファナ水さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント