このページのリンクアドレス

エブリスタ
雨男のいる部屋

小説 恋愛

雨男のいる部屋

秋澤えで

私の好きな人は、もう私が好きじゃないかもなんて、雨の休日だけ忘れていられるんだ

完結

15ページ

更新:2017/10/01

説明

心の中で、彼のことを雨男と呼んでいた。休日天気が晴れていると、彼はいつも外へと出かけていく。どこに行くのか、誰と会うのかを、事実婚の妻である私は知らない。いや、聞けなかった。そんな彼は雨の日だけは家にいた。お互い言葉少なではあるけれど、時間の共有が心地よかった。
「そろそろ潮時か」
雨の降る金曜日、仕事帰りに怪我をした。明日の天気予報は晴れ。ろくでもないことが重なった日だった。
もだもだ系女子の好きな人の話
【雨の日】【怪我】【事実婚】
もだもだ小説第三弾。(第一弾:私のグリム先生 第二弾:幸せな恋は宝箱と共に・幸福で塗りつぶす)

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

秋澤えでさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント