このページのリンクアドレス

エブリスタ
逃亡前線。

小説 青春

逃亡前線。

aza/あざ(筒示明日香)

(1)

 その男、どうやら人殺しらしい。

完結

20ページ

更新:2017/10/17

コメント:埋もれるのが勿体無くて、古い作品を引っ張り出してみました。

説明

“朝のゴミ出しは面倒だ”。ただ、それだけだったのに、『私』は今や知らない男に部屋を占拠された。

しかもどうやら人殺しらしい。



『私』は『人殺し』を連れて、部屋を出る。



※初出:Gocco since 2008.01.05
【2017.10.15 エブリスタ版連載開始】

表紙は、萌えキャラアバター作成サービス『きゃらふと』さんで作成させていただきました。
http://charaft.com/

この作品のタグ

作品レビュー

阿比留ヒロ
阿比留ヒロさん
【作品】逃亡前線。についてのレビュー

ネタバレ

azaさんこんばんは。楽しく拝読させて頂きました。

相変わらずキレッキレで隙のない文章、くつろぎながら気軽に読んでいいのかと戸惑う程の完成度の高さ。azaさんの20ページはエスプレッソにこれでもかとクリームをトッピングしまくったくらい濃密です。文章の密度が非常に重く、丁寧に、神経を張り巡らして作品を仕上げていらっしゃる。いつまでもサラリと喉を潤す薄いアメリカンコーヒー小説から進歩しない自分にとってazaさんの作品は非常にお勉強になります。

それにしても……舌打ち・ああちくしょ・馬鹿野郎の「べらんめえ姉ちゃん」は痛快でした(勝手に命名)。主人公の『私』はサラシにハッピ、捻りハチマキに違いない(勝手に空想)。しかし面倒くさがりと言いつつ面倒見が良い。やっぱり江戸姉ちゃんだな、と、ほくそ笑んでしまいました。

『埋もれるのが勿体無くて』と表記されていたのを見て、「出してくれてありがとう!」ってなりました。もしかして特別な思い出や、登場人物に思い入れがあったのでは?なにかエピソードがありましたら聞かせて頂けないかなあーーと思いました。

もっと見る

2017/10/18 00:19
コメント(1)

aza/あざ(筒示明日香)さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません