このページのリンクアドレス

エブリスタ
ギリギリの義理チョコ

小説 SF

ギリギリの義理チョコ

緒方あきら

義理チョコ、ギリの義理チョコ、ギリギリの義理チョコ。心は寂しくなっていくばかり。

完結

5ページ

更新:2018/02/04

説明

義理チョコ、ギリの義理チョコ、ギリギリの義理チョコ。
チョコレートは増えたって、心は寂しくなるばかり。

ちょっと未来の日本では、義理のチョコが大流行。
いつしか本命チョコなんて忘れ去られてしまって、バレンタインデーは義理チョコを配って歩く一日になってしまった。
チョコレート売り場に並ぶ私も、たくさんの義理チョコを買い求めていたけれど――。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

緒方あきらさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント