このページのリンクアドレス

エブリスタ
桜の下に立つ人

小説 青春

桜の下に立つ人

紫乃

(1)

「絵は、いいな。作品が残るから」「作品しか、残らないです……」

完結

45ページ

更新:2018/03/02

説明

結城美空は、絵を描くことだけが取り柄のちょっと浮いている女の子だった。
自分の絵に行き詰まりを感じていた美空は、ある日、美術室の窓から見える桜の木の下に男の子が立っているのに気づく。
彼のもの憂げな表情はなぜか美空の心を強く惹きつけるのだった。
やがて出会ったその男の子・浅井悠祐は、とある挫折から心に傷を抱えていた。


第一回氷室冴子青春文学賞応募作品

この作品のタグ

作品レビュー

紫乃さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント