受賞

桜の下に立つ人

「絵は、いいな。作品が残るから」「作品しか、残らないです……」

90 204

青春 完結
53分 (31,638文字)

あらすじ

結城美空は、絵を描くことだけが取り柄のちょっと浮いている女の子だった。 自分の絵に行き詰まりを感じていた美空は、ある日、美術室の窓から見える桜の木の下に男の子が立っているのに気づく。 彼のもの憂げな表

タグ

感想・レビュー 2

心に沁みました

それぞれの事情で心の迷子になっていた二人が、出会い、接していくうちに、ほんとうに大切なものを見つける。あたたかな作品です。

※このコメントはネタバレを含みます

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る