このページのリンクアドレス

エブリスタ
【1/10書籍版発売】銀行ガール 田舎町で、毎日営業やってます

小説 ヒューマンドラマ

【1/10書籍版発売】銀行ガール 田舎町で、毎日営業やってます

須崎 正太郎

(1)

【1/10書籍版発売】融資から詐欺犯追跡まで、五十嵐吟子が解決します!

完結

277ページ

更新:2018/12/18

コメント:【1/10書籍版発売】融資から詐欺犯追跡まで、五十嵐吟子が解決します!

説明

★エブリスタ小説大賞作品として、書籍化決定しました! 一迅社様よりメゾン文庫として2019年1月10日発売です。WEB版から加筆・修正を施し、特にエンディングは完全に変更していますので、WEBで読んだ方も書籍版をぜひお楽しみくださいませ。


「こんな田舎から出ていって、いつか都会のモデルになる!」

 そんな野望を持ちながら、神山銀行で営業として働く五十嵐吟子、24歳。
 だが、彼女の思いとは裏腹に今日もお客様から厄介な相談が舞い込む。
 戦前から続く雨漏り食堂の修繕費用融資から、リサイクルショップの立ち退き交渉、はては振り込め詐欺犯逮捕まで!?

 お客様がお困りとあらば義理人情と正義感にあふれる吟子はとにかく黙っていられない。
 スカッと爽快、地方銀行女子の奮闘ストーリー!

書籍化情報

書籍名:銀行ガール 人口六千人の田舎町で、毎日営業やってます

出版社:一迅社

発売日:2019/01/10

Amazonで見る

この作品のタグ

作品レビュー

須崎 正太郎さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント