このページのリンクアドレス

エブリスタ
13-Death to Birth- 愚者の姫君編

小説 現代ファンタジー

13-Death to Birth- 愚者の姫君編

一色ヰろは

復讐に生きる少女の第一章、それを守る男たちの戦い

連載中

120ページ

更新:2018/10/21

説明


私は、あの男を殺せるなら悪魔にだって魂を売ってやる―――

吸血姫、マリアローゼ・K・アインツロック、この物語の主人公である
7歳の誕生日の翌日、実の父親である男に母を殺された
それから10年後、復讐の為に生きていた彼女は母が持っていた『0番の愚者』、『愚者の姫君』の称号を引き継ぎ、父親を追っていた
そんなある日、治安騎士団『ナイトオーダーズ』1番隊隊長、アレクの元へマリアローゼを狙う男がいるという情報が舞い込んだ
街で起きている吸血鬼による連続殺人事件を追っている中で、被害者の傍に書かれていたメッセージ

『次はお前の番だ、愚者の姫君』

マリアローゼを狙う吸血鬼、街で起きている連続殺人
事件は、世界を揺るがす壮大な悪夢へと変貌する

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

一色ヰろはさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント