このページのリンクアドレス

エブリスタ
執着

小説 ホラー

執着

美愛@ペナルティスクール②発売中

(1)

母は僕に執着している、僕が離れるのを許さない

完結

8ページ

更新:2018/07/21

説明

父と離婚した後、母は僕に執着するようになった。
異常な程に……

八雲あすかさん[リンク]と執着[リンク]というタイトルでコラボしましました。

この作品のタグ

作品レビュー

ももたろう
ももたろうさん
【作品】執着についてのレビュー

ネタバレ

怖いですね。

ホラーといえば幽霊がでるとか、怪談とかおかしな心霊現象とかを思いだします。ホラー系は苦手でちょっと読むのも書くのも引けますが、このお話は「執着」ということだったので、まさかお化けは出まいと読ませていただきました。

でも、お化けや幽霊より怖かったです。
二年生の男の子にとって、親の離婚はどれほど心を痛めることだろうか。その後、母親の偏執的ともいえる愛情が息子に向かうのは、よくわかります。

まだ大人の世界など理解できないだろうが、この幼い主人公は「これからは僕が母を幸せにする」そう決心することは、ごく当たり前のストーリーで納得できる。

でも、普通の親子であっても成長するにしたがって、愛情表現は変わってくることだろう。反抗期が重なると、必要以上に近寄ってくる母を「うざい」と思うのも頷ける。

母の離婚話はやはり嘘だったんだろうな。息子の心を引き留めたい方便だったのかも。

母親の事故の理由ははっきりしないが、それ以降の息子を離すまい、誰にも渡してなるものかというねじ曲がった母の愛情は、具体的な言葉にはなっていないが、とても恐ろしい現象が息子と彼女に降りかかる。

この母親の救いようのない深淵な寂しさを埋めることは難しいんだろうなと思うと、とても怖いラストに戦慄します。

病床にある母、言葉を発しないだけに恐ろしさが増します。
現実的にもありそうなことだけに、一層怖さが増すホラーでした。
とても上手な物語の運びに感心です。

もっと見る

2018/07/29 11:51
コメント(4)

美愛@ペナルティスクール②発売中さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント