このページのリンクアドレス

エブリスタ
Melodyー遠い記憶の中のあのメロディーが流れたら

小説 恋愛

Melodyー遠い記憶の中のあのメロディーが流れたら

神谷 月

本当は好きだったはずの二人が遠く過去の1ページになる。高校生6人の青春群像小説

完結

348ページ

更新:2019/01/18

コメント:結ばれるはずの二人。卒業後、お互いが結婚後に出会った二人の未来は?

説明

玉置浩二さんの「メロディー」の世界観を小説にしました。
高校3年の春、仲良くなった男女6人。その6人のうち、空と雄一郎、愛美と翔平は結ばれ結婚するが、大人の都合だけで別れさせられた拓海と彩花。
卒業後それぞれ別々の道に進み別れたはずの二人。高3の冬に産まれた命は親の都合だけで、見知らぬ養護施設に預けられて行方知れずになる。そして親の都合で結婚させられた『彩花』そして、できちゃった結婚をした『拓海』。二人の恋は大きなずれを持って走り始めるが、しかし…。
三十代以降の方にはきっと楽しんで頂けるのかなあ、と思っています。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

神谷 月さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント