このページのリンクアドレス

エブリスタ
鈴の音、想いを映す音色

小説 ファンタジー

鈴の音、想いを映す音色

風の旅団

一匹のアイルーに託された主人の想い…それは風に乗り、そして---

完結

42ページ

更新:2012/02/16

説明

いつまでも、楽しい日々が続けば良いと思っていた。

幸せだった日々を思い出し、『彼』は主人の帰りを待つ。

外は相変わらずの雨、静まり返った家の中。

『彼』は思わずため息をつく。






大切な人が突然いなくなったら?








その時、あなたは何を思いますか?





大切な人が残した想いは、きちんとあなたに届きましたか?





その人は、笑っていましたか?




その人は、泣いていましたか?



これは、モンハンの世界を舞台とした、決して語られることの無い、一匹のアイルーと彼の大切な主人との、少しだけ悲しい話。



あるいはこれは、一匹のアイルーがあなたに出会うまでの物語。



時代背景的にはMHPとドスの間くらいです

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

風の旅団さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント