このページのリンクアドレス

エブリスタ
雨が上がる頃

小説 恋愛

雨が上がる頃

未織

霧よりも淡い雨が僕の体を包む。僕は小さな嘘をついた……

完結

30ページ

更新:2017/09/19

説明

何にひかれたのか、わからないけれど、僕は小さな恋をした。
そんな資格のない僕は、ただ当たり前の風景を描き続ける。

芽生えてしまった想い。
だからこそ僕は……

短篇、雨の後に…
と対のお話です。

一気に書いた為、まだ未チェックですm(_ _)m

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

未織さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント