このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

-Freezing nights-

小説 ファンタジー

-Freezing nights-

七雲 黒狼

「凍り付いた騎士って何だよ」「答えはwebで」「ちょ……」

休載中

54ページ

更新:2009/04/22

説明

時は精霊暦第Ⅲの年、太陽暦108年。

『グレイシルヴァ』という平和な世界にある悲劇が襲った。

今から300年程前。

この世界は何故か全く夜が明けることがなくなった。
生きるために大切な太陽が世界に顔を出さず、世界は氷河期に入ってしまったのだった。世界全体の気温は常に氷点下以下。体感温度はもはや即死級。
あらゆる場所が封氷に覆われた。

この世界で生きることに絶望を感じ始めた人々は、有りったけの千恵を振り絞り、人工太陽を巨大な建造物の中に創りそこに移住し始めた。

その建造物は『Bless Arcadia』と呼ばれた祝福の楽園。

身が凍る寒さの中、人は延々と太陽の目覚めを待った。

それから300年後。

Reticent=Atone(レティセント・アトーン/レト)と名付けられた彼も、この楽園で育った一人だった。

ある日突然の出来事により楽園を旅立ったレトは、旅中で世界の真実を知ることとなる。

この世の夜が明けなかった理由とは。
そしてこの世の真実とは何なのか。

『知りたいんだ。
一人でいる自分と、他人といる自分。
どっちが本当の自分で、どっちが偽りの自分なのかを。』


壮大なる身も凍えるファンタジー。連載。

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

七雲 黒狼さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません