このページのリンクアドレス

エブリスタ
雨の日に捨て犬を拾う

小説

雨の日に捨て犬を拾う

捨箱八手

僕は犬を拾った。それは雨の日のことだった。

完結

73ページ

更新:2007/12/09

説明

 道端に捨てられた犬。
 それを拾う僕。
 可愛い、子犬だった。
 雨に濡れ、震えていた。
 僕は家に連れ帰った。
 そして始まった、奇妙な物語。
 
 
 
 ※ この作品はフィクションであり、登場する人物、団体などは、実在するいかなる人物、団体などとは全く関係ありません。

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

捨箱八手さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません