このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

Gと呼ばれた子

小説

Gと呼ばれた子

$ティーチ$

親からゴミと言われた子の壮絶な15歳までの記録をつづる

休載中

27ページ

更新:2008/01/07

説明

ごく普通の家庭に生まれたまさやは両親に愛情を注がれ楽しい毎日を過ごしていた。しかしある日、急にお父さんが家に帰って来なくなりお母さんと2人暮らしをすることになった。
まさやはお母さんから、「お父さんは交通事故で死んだのよ。」と聞かされた。その数日後、母は新しい男の人と再婚をした。
そして、2人の間に新しい子ができてから僕の生活は急に地獄となるのだった。

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません