このページのリンクアドレス

エブリスタ
錬金魔法(前編)

小説 ファンタジー

錬金魔法(前編)

気まぐれネコ

魔法が使えるこの世に一人、錬金術を使う少年がいた──

完結

719ページ

更新:2012/05/29

説明

 この世界、人々は魔法が使える。

 人々が魔法を使えるようになったのは、今となっては昔の話であった。

 その長い年月は人々が何の為に魔法が使えるようになったのかを忘れるのには十分な時間だった。


 そして、そんな魔法で栄えているこの世界のある所に魔法を使わず、失われた技術、錬金術を使って世界を渡り歩く少年がいた。

 そんな少年は一人の少女と出会い、魔法学院に編入する事となった。

 少年は、そこで様々なものを知った。様々なものと出会った。

 闇に生きていながら、光に魅せられた。


 光と闇の狭間で、少年の出した答えは──





※新作、『The whimsical light and persist darkness』公開しました。
良かったらそちらもご覧下さい。


初めての作品なので、下手なところが多々あると思いますが色々とご指摘して下さい。

所々、修正とかをしているので書き方がめちゃめちゃで前後と書き方が違う、なんて所がありますが、その辺はご了承下さい。

誤字、脱字、質問等は伝言板に遠慮なく書き込んで下さい。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

気まぐれネコさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント