このページのリンクアドレス

エブリスタ
私立星城魔法学園

小説 ファンタジー

私立星城魔法学園

星災昴

ある日、ある出会いで魔法学園に入学した少年。 実は彼は生物兵器?

完結

465ページ

更新:2009/11/23

説明

ある日電車に乗っていた赤城竜は、同じ車両にいたお婆さんを不良から助けた。


それがきっかけで竜は「私立星城学園」に入学することに……


竜が助けたお婆さんはその学園の学園長だったのだ。


仲間と一緒に成長する竜。
そして竜の隠された力。



最後の最後まで予測不能な展開です。


あまり戦闘シーンはありませんが、最後は長い戦闘を入れます。
戦闘シーンが好きな方は最後までじっくり読んで見て下さい。


趣味で書いてるので更新ペースは遅いですし、ストーリーに満足戴けないかもしれませんが、それでもご愛読していただければと思います。


感想がありましたら辛口、甘口問わないのでお願いします。



誤字脱字がありましたらミニメか伝言板にお願いします。



読んで頂いて面白い、つまらない等の感想があればレビューをお願いします。


?G閲覧数1万突破 7/30?G
?G完結 8/1?G
?Gベスト142位?G

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

星災昴さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません