このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

輪廻廻廊

小説 SF

ノユティックワールド

輪廻廻廊

野由原皐月

私は私?

休載中

20ページ

更新:2009/12/29

説明

ファンタジー編『蒼空は今日も青いです。』第12章『悲しみの塔』257頁迄をお読みくださいませ。
こっちの方が正面かも知れません……。←あっ!
□■□■
とけたまどろみ。
夢か現か狭間の世界。
漆黒のキャンパスに鏤められた銀の弾丸。
玻璃の様な現実。
前の世界とその前の世界、もう一つ前の世界。
そこで私は彼に出逢っていた。
彼に、彼女に……。

無限回廊に閉じ込められた記憶。リインカネーション。
繰り返される予定調和。
より遠くへ、誰も見たことのない世界へ。
緑の草原の懐かしさ故の情景か、輪廻の環。哀しみと憐れみの狭間の感情。
失われた記憶と甦る記憶。
無限回廊の先にある真実。
新しい出会い。新しい顔触れで贈るファンタジーの続編。

(……まぁ、軽く見栄張ってますね。この文章)

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

野由原皐月さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません