このページのリンクアドレス

エブリスタ
五斗米道

小説 歴史・時代

五斗米道

安達涼介

三国志・張魯が治めた漢中を舞台にした創作小説。

完結

426ページ

更新:2009/08/02

説明

後漢末期・漢中での張魯率いる五斗米道と張脩率いる鬼道教団の戦いを自分なりに創作した小説です。

いろいろな文献参考にしており、似たような表現が多々あり、また時代背景に沿わない部分もあると思いますがご了承下さい。

物語の進行上、実在しない地名もあります。
場所は以下のようになります。
稀北郡…漢中郡の北の郡。
東宛郡…漢中郡の東の郡。
紅西郡…漢中郡の西の郡。
南沙郡…漢中郡の南の郡。
太獄山…漢中郡と東宛郡の境にある山岳地帯。
陽平関…漢中郡と稀北郡の境にある関所。
西平関…漢中郡と紅西郡の境にある関所。
燐山…稀北郡の中にある山。

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

安達涼介さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません