ミステリー 毎月26日頃更新

次々と襲いかかってくる理不尽な疑問と謎に立ち向かう!
NG

NG

コミックを読む
外部サイト(めちゃコミックオリジナル)にリンクしています。
花林恭介は、見知らぬビルの屋上で目を覚ました。そこに至るまでの記憶を探っていると、左腕に覚えのない手錠と鎖。そして小さな『箱』が繋げられていた。左腕に直接残された文字。【この箱を 開けてはならない】ミステリー研究会に所属する恭介は、サークルメンバーのイタズラを疑い、グループメッセージで皆に尋ねるが……!?さらに、脱出を試みたビルの内部で、殺人事件を目撃してしまい!?次々と襲いかかってくる理不尽な疑問と謎。恭介は先の見えない不条理に立ち向かっていくこととなる──。