受賞

NG

その謎を、解いてはならない

黒猫

4時間9分 (149,383文字)
「未完結でも参加できる 執筆応援キャンペーン「犯罪/サイコ/サスペンス」」で、大賞をいただきました。ありがとうございます

1,075 1.3万

あらすじ

 花林恭介は、見知らぬビルの屋上で目を覚ました。  そこに至るまでの記憶を探っていると、左腕に覚えのない手錠と鎖。そして小さな『箱』が繋げられていた。 左腕に直接残された文字。 【この箱を 開け

感想・レビュー 14

読みました!

これからも頑張ってください。
1件1件

面白すぎて一気に読んでしまいました。。

このアプリをとってから初めて読んだ作品です。 どれを読んでみよう…と思っていた時に、他の方が書いていた「読んだことを後悔しているほど面白い」というコメントから、そんなに?と思い、軽い気持ちで読み始めま
2件1件

自信を失うか嫉妬するか

正直、読んだことを後悔している…くらい面白い。 考える隙を与えないスピード感。収集がつくのかと思える展開つぐ展開。気になって気になって仕方がなくなってからの次々とピースがはまりだす快感。 真相は好み
2件2件
もっと見る

この作者の作品

もっと見る