猫林描木

番外編ですが本編に負けず劣らずのクオリティーでした。四話とも内容は若者がお笑い芸人を目指すまでの心の葛藤ですが、それぞれ話の趣が違うので、飽きが無く最後まで楽しく読めました。勝手にテーマを決めるとしたらキラリが喜、プルプルが哀、チャーキーが楽、塚原が怒ですかね?

/1ページ

1件