鎌倉ペンギン

最初、からっぽだった行間が、次第にスミエとショウヘイの濃密で一途な愛に溢れていって。 やがて、まるで隙間の無いほど、想いが詰められていく。 その純粋でひたむきに真っすぐ前を進んで行く姿に、心が揺さぶられました。 淡々と綴られているようでいて、でも、何度も感情の波が押し寄せて来て、最後まで目が離せませんでした。 感動を有り難うございました!
完結したばかりの作品へのレビューに感謝致します。 この作品は現実にあった物語を書きました。 完結してからの方が皆様に読んで頂いているようですね。 底辺のあたしの作品はちっぽけかも知れませ
これは凄い物語。皆さんにお勧め 感動的です
この物語は初めは何が始まるのか?不倫なんか当たり前な今 でもだんだんとすみえとショウヘイの純粋な思いにおいらも泣いた。完結まで泣きました。良かった。

/1ページ

3件