あすか美愛

神と人の子、半神と呼ばれる存在の夏鈴。 芸能の神であるアマノウズメノミコト。通称ウズメちゃん。 この二人の会話のやり取りに和みます。ウズメちゃんは気さくで、夏鈴思いの優しい神様です。 恋人である大和とのすれ違いは些細なものだったけれど、夏鈴の恋心はとても繊細で、それ故に儚い。 大和のことが好きで、好きで堪らないという気持ちが伝わってきます。 大和くんが夏鈴にかけた最後の台詞がとてもかっこよかったです。 これからも二人がずっと幸せでいられますように、と願うエンドでした。 素敵なお話をありがとうございました。

この投稿に対するコメントはありません