半神

私はいらないのですか? 私が消えても誰も悲しまないのですか?

仁科 カンヂ

恋愛 完結
16分 (9,243文字)

2 20

あらすじ

神と人の子を『半神』という。 現代の半神、戸田夏鈴は幼少時より 芸能の神『アマノウズメノミコト』と友達のように会話する。 半神であるがゆえに、その肉体は、精密で繊細な機能をもつ この肉体を守るために

タグ

感想・レビュー 1

神と人の子、半神と呼ばれる存在の夏鈴。 芸能の神であるアマノウズメノミコト。通称ウズメちゃん。 この二人の会話のやり取りに和みます。ウズメちゃんは気さくで、夏鈴思いの優しい神様です。 恋人である大
ネタバレあり

この作者の作品

もっと見る