ぴのきお

全ての章を読み終えて最終章のほうにレビューしようと思ったのですが、これからライフゲームを読む人が入り込みやすいようにあえて第一章のほうにレビューさせていただきます。 まず、全ての章に総じて言えることは『とても面白い』です。 主人公達の行く手を阻む様々なトラップ。緊張感を掻き立てるグロテスク。そして、リアルな心理描写。 これら三拍子が全て揃っていて読めば読むほど、この作品にのめり込んでいきます。 特に、こういった『外界から隔離された施設で行われるゲーム系』が好きな人にはぜひ薦めたい作品です。 あと、最初は頼りなかった主人公が仲間達とどのようにして成長していくのかも見所の一つだと思います。そういう意味では丸熊はいい味出してましたw さらに、この章を読み終えて、次の章を読むかどうか迷ってる方は是非読んでください。この章はまだ序章に過ぎません。 主人公が最後どうなるのか。狐の女の目的は何なのか。それは是非自分の目で確かめてみてください。 最後に、とてもいい作品に巡りあえて、自分にとってもいい経験になりました。遅ればせながら、完結お疲れさまでした。そしてありがとうございました!

この投稿に対するコメントはありません