K・つきひと

男子読者ゆえに、つい巽目線で物語に入り込んでしまいました。『たまたま恩師の娘だったから』しかし作中で彼が結に尽くす様子を見る限りでは、こんな在り来たりの動機では無かったように感じました。その衝動に走る当初のきっかけは、もしかすると初めて居間で顔を合わせた結のあどけなさに惹かれたのかもしれないし、もしくは受験という目標に向かって邁進する姿に、過去の自身と重ねたのかも知れない。 でも、作中で披露した彼の愛し方はそんな浅いものでは無く、例えばそれは、彼女の中で止まってしまった時計をまた突き動かす行為だったりするし、または心ならずもズレてしまった親子間の歯車を優しく修正する事だったりもする。なんというか、人生の諸先輩としての自分、それと一人の男性として向き合いたい自分との狭間で揺れている……とでも思わせるそれが、ぶっきらぼうな関西弁と合わさってとてもいい味を出していました。約束はされなかったけれども、でも『また会えるといいね』こんな余韻を感じさせるラストも良かったと思います。
3件

この投稿に対するコメントはありません